京都府京田辺市 O様

京都府京田辺市 O様

Works Data

工事内容
太陽光発電・蓄電池システム設置
価 格
298万円
施工期間
1日

こんにちは。

西日本エコサービス(株)でございます。

 

最近話題になっている、太陽光発電システムの2019年問題

ご存知でしょうか?

 

太陽光発電で生産された電力は、一定価格で一定期間

電力会社に買い取ってもらえる制度があるのですが

この制度はもともと、再生可能エネルギーを普及させるために

国が約束した制度で、2009年11月にはじまりました。

 

期間は、ご家庭などで設置される10kWh未満の太陽光で10年、10kwh以上で20年

 

買取価格は、制度が始まった当初

10kwh未満で48円と、現在の約3.5倍だったそうです!

 

初めて売電期間の満了を迎える設置者が出てくる今年

以降この電力がどうなるのかが気になるところですが

現在「自家消費型のライフスタイルへの転換」が注目されています。

 

どのような物かと言うと、太陽光発電システムを蓄電池と併用することで

自家消費を行う方法です。

 

通常は、太陽光発電システムが発電しない夜間の消費電力は

電力会社から購入する必要があります。

 

しかし、日中に発電した余った電気を蓄電池に貯めておけば

夜間の消費電力も発電した電力で賄うことができ

電気代をより0円に近づけることができます。

 

これなら、売電期間が終了した後も余剰電力を無駄にすることなく活用でき

停電時などの万が一のときも蓄電池に貯めておいた電気を

使うことができるので安心ですね。

 

本日ご紹介させていただくお客様も、光熱費を抑えられたらということで

太陽光発電システムと蓄電池の設置をご検討されました。

 

ご自宅は、真っ平の陸屋根と呼ばれる屋根です。

 

 

屋根の端から端まで、面積を広くとれるので

パネルもたくさん収まります。

 

 

 

こちらは蓄電池に取り付ける器材です。

 

分電盤の線を、蓄電池本体に取り付けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、モードの切り替えを行うリモコンです。

現在「経済優先モード」になっております。

 

深夜の電力を貯めて、発電した電気は

優先的に売電することができるモードになります。

 

 

太陽光発電の電気を使われると、月々の電気代を抑えられるほか

余った電力を販売することも可能で、環境にも優しく良いことがたくさん!

 

初めにかかる費用が大きいのではないか?

名前は聞いたことがあってもどういうものなのかわからない…

という方も多いかと思います。

もしご興味お持ちくださいましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

< 前へ戻る

PAGE TOP